お問い合わせ

資産運用、73%が「したことがない」 金融資産の構成比は66%が「現預金・債券」

MONEYzine 11/5(土) 18:00配信 引用

日本法規情報株式会社は10月26日、「資産運用・形成に関する意識調査」の結果を発表した。調査は7月15日から8月1日にかけて、669名の男女(男性304名 女性365名)を対象に実施された。

まず、資産運用と資産形成の必要性について聞いたところ、48%が「感じたことがある」と回答した。しかし、実際に資産運用や資産形成を実践しているかを聞くと、「現在している」が18%、「過去にしたことがある」が9%にとどまり、73%が「したことがない」と回答した。

記事を表示

税金対策として有効な「暦年贈与」

朝日新聞デジタル 11/3(木) 9:10配信 引用

【森秀光 お金のセオリー】

 2015年から相続税の基礎控除額が引き下げられています。「自分は普通のサラリーマンだから関係ない」と考えている方が多いのですが、親に財産がある、都市圏に自宅を所有している、あるいは数千万円の退職金や生命保険金を受け取る予定がある、という方は相続税の課税対象者になる可能性が高いことに注意が必要です。

まずは概算でかまわないので、家族(親も含めて)の財産の相続税評価額と、基礎控除額を確認しておきましょう。課税対象となるのは、金融資産、不動産、保険金などすべての財産です。基礎控除額は、例えば4人家族で法定相続人が3人の場合、3000万円+600万円×3=4800万円となります。財産評価額が基礎控除額を超えている方は要注意です。特に注意しておきたいのが、通常住宅ローンの条件となっている、「団体信用保険」付きローンで住宅を購入している場合、ローンの残債が債務控除の対象とならないため、単純にその自宅が相続財産として評価されてしまうことです。

記事を表示

そうだ、「税捨離」をしよう。会社員におすすめしたいスマート節税術

ZUU online 10/31(月) 7:10配信

 

今年も残りあと2カ月。もうすぐ「年末調整」の季節です。

「年末調整」というと、払い過ぎた税金が手元に戻ってくるチャンスですが、実は「年末調整」だけでなく給与所得者が今からできる節税術はほかにもたくさんあります。

断捨離で部屋をスッキリさせるように、普段あまりよく考えない税金という部分をスッキリさせてから新年を迎える準備をしてはいかがでしょう。今回は、年末調整に加えて確定申告や不動産投資、ふるさと納税を使った節税について紹介します。

■「年末調整」は節税への一歩

まずは、もうすぐ手続きが始まる「年末調整」から。

 

記事を表示

保険の節税って実際どうなの?税金負担必見

ZUU online 10/24(月) 6:10配信

 

「節税」と聞くと会社経営者や個人事業主だけができると思っている人は少なくないが、源泉徴収されているサラリーマンも節税をできる対象者である。節税は違法ではないか? と不安になる必要はない。法律に反し不正な行為により納税を免れる脱税とは異なり、法律の範囲内で納める税金を減らすことが節税である。

記事を表示

アリババが仏AXAと共同で「国際eコマース保険」開始

中国アリババグループ(阿里巴巴集団)が金融子会社アントファイナンス、仏保険・金融グループ、アクサ(AXA)と提携し、「国際eコマース保険サービス」を開始する。

ZUU online 8月2日(火)11時10分配信

記事を表示