お問い合わせ

相続税対策のメリットと賢い対策方法をアドバイス

ZUU online 1/20(金) 7:10配信 引用

相続税と聞くと、「まだまだ先の話だよ」と感じたり、「相続するほどの資産はないから自分には無縁だよ」と思っていたりはしないだろうか。

2015年の改正相続税法により、これまで相続税を支払う必要が無かった人々に対象者が拡大しており、計画的な相続プランを立てることが求められている。いきなり言われても、どのように対策すればいいのかわからない方も少なくないだろう。ここでは、相続税対策のうち、「生前贈与」と「生命保険」を活用した対策を紹介していく。

記事を表示

相続対策に適した生命保険はどれ?

ZUU online 12/2(金) 6:10引用

2015年の相続税の増税をきっかけ注目度が増しているのが、相続対策としての生命保険です。

そもそも、なぜ生命保険が相続税の節税に役立つのでしょうか。また、一口に生命保険といってもいろいろあるなかで、どのような種類の保険が有利なのでしょうか。

■メリットその1「生命保険非課税枠」

相続対策としての生命保険のメリットの一つめは、節税効果です。

まず、故人が契約者で被保険者である場合の死亡保険金には、法定相続人1人あたり500万円の非課税枠があります。こうした非課税枠が設けられているのは、生命保険の保険金に「残された家族の生活保障」という目的があるためです。

記事を表示

医療・介護費、高齢者も応分の負担 財務省、保険料9割軽減特例の廃止求める

財務省は4日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)を開き、75歳以上の後期高齢者医療制度で、低所得者らの保険料を最大9割軽減している特例を廃止するよう求める改革案を示した。介護保険で軽度者の利用者負担割合を引き上げる案も提示。高齢者にも応分の負担をしてもらい、急増する医療・介護費の抑制につなげたい考えだ。
記事を表示

損保ジャパン、業界初「民泊利用者」対象の保険発売 失火など補償

損害保険大手の損保ジャパン日本興亜は、一般住宅を宿泊施設として利用する「民泊」の利用者を対象とした新しい保険を11月にも発売する。利用者が宿泊時に火災を起こしたり、建物や設備を壊してしまったりした場合の損害賠償を補償。訪日外国人向けに急病時の病院の紹介といったサービスも提供する。訪日客らに安心して民泊を利用してもらえるようにするのが狙いで、民泊利用者を対象とした保険は業界初という。

記事を表示

ペットとの共生環境向上 業績伸ばすアイペット損保、収入保険料100億円突破の見通し

SankeiBiz 11/24(木) 8:15配信

犬と猫に特化したペット保険を扱うアイペット損害保険が順調に業績を伸ばしている。2017年3月期には保有契約件数が30万件近くまで伸長し、収入保険料が初めて100億円を突破する見通しだ。18年3月期の株式上場も視野に入ってきた。今年6月に社長に就任した山村鉄平氏は「ペット保険へのニーズは高いが、加入率は低い。このため知名度を上げてペットとの共生環境の向上に貢献したい」と意気込む。
記事を表示