お問い合わせ

2017年はサラリーマンが節税を始めるチャンス? サラリーマンと個人事業主ができる節税を解説

Impress Watch 2/6(月) 6:00配信 記事引用

2月に入りいよいよ確定申告シーズンの到来だ。サラリーマンは確定申告とは無縁という人もいれば、医療費控除の申告を毎年している人もいるだろう。一方、個人事業主は避けては通れない(苦痛な)一大イベントだ。今回は確定申告シーズンらしくサラリーマンと個人事業主の節税について話しをしてみたい。

 平成29年(2017年)はサラリーマンが節税を始めるチャンスの年になるかもしれない。キーワードは「セルフメディケーション税制」と「確定拠出年金」。特にセルフメディケーション税制はサラリーマンも個人事業主も恩恵のありそうな税制だ。

記事を表示

相続対策の種類とは? 知っておきたい3つの対策方法

ZUU online 2/6(月) 6:10配信 記事引用

2015年1月1日より施行され相続税法により、相続税の基礎控除が6割に縮小された。

・改正前:5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
・改正後:3,000万円+600万円×法定相続人の数

これまで相続は資産のあるお金持ちの話なので関係ない、と考えていた方も他人事ではなくなる可能性が高い。「『生前対策が必要』と頭では理解しているが、実際に何をしていいかわからない」という方に、まずは、相続税対策の考え方を大きく3つに分けて解説していこう。

記事を表示

マイホームを売却するなら、「社会保険に加入している時」にしよう!

マネーの達人 2/6(月) 5:23配信 記事引用

マイホームを売却した知人は確定申告をする必要があるのか
2016年に居住用の住宅と敷地、いわゆるマイホームを売却した知人から、「確定申告について教えてほしい」と、久しぶりに電話がありました。

そのマイホームは古いため、それほど高い値段で売れたわけではなかったので、確定申告をする必要はないと思っていたら、住所地の税務署から手紙が届いたそうです。

またその手紙を読んでみたら、確定申告が必要な気がしてきて、どうすれば良いのか悩んでいるようでした。

マイホームの売却は一生に何度もあることではないため、この知人のように悩んでしまう方は、多いのではないでしょうか?

記事を表示

リニューアルされた源泉徴収票の見方、ご存じですか?

ZUU online 1/14(土) 17:40配信

■今年からサイズが大きくなりました

年末から3月にかけて、税金関係の一大イベントである「確定申告」。給与所得者であるサラリーマンの大部分にとっては縁のないものですが、さまざまな理由で申告しなければならない、もしくは申告した方がトクをする場合があります。

そこで使われるのが「源泉徴収票」。去年まではA6サイズの小さい紙でしたが、今年からはA5サイズにリニューアルされました。書いてある項目については大きな変化はありませんが、改めて見方をおさらいしてみましょう。

※本記事中の図や書式、控除額等は、平成28年12月時点のものです。
※本記事中の書式等はすべて『平成28年申告用あなたの確定申告』および『平成29年申告用あなたの確定申告』より引用のうえ、編集したものです。

記事を表示

1月から始める「家計見直し」と「やるべきこと」 抑えておきたい3つの数字

ZUU online 1/17(火) 18:10配信 引用

新たに2017年という年度も始まり、今年も確定申告の時期が見えてきた。年度の区切りということもあり、新たに「将来に対するライフプランニングの見直し」を行うご家庭も多いのではないだろうか。

■「収支の把握から」からはじめる

「家計見直し」や「将来に対する対策」という言葉を目にすると、まずは「何とかして収入を増やそう!」というアクションに傾倒する人が多い。だがこれは間違いだ。

記事を表示