お問い合わせ

アリアンツ、アジア不動産投資3年で倍増目指す-保険業の好調を反映

Bloomberg 1/4(月) 14:37 配信 記事引用

★「アジアは最も有望」と不動産部門アジア太平洋地域CEO

★投資額は20年末までに37億5000万ユーロに増える可能性

ドイツの保険会社アリアンツは、アジア地域の保険業務で集まる資金が増える中で、同地域の不動産投資を今後3年で倍増する計画だ。
記事を表示

三井住友海上とあいおいニッセイ、空家管理事業者向け「空家賠償責任保険」を発売

日経電子版 1/10(火) 17:20 配信 記事引用

空家管理事業者向け「空家賠償責任保険」を発売

 MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三)は、2017年2月1日以降始期契約から、空家管理事業者を対象に「空家賠償責任保険」の販売を開始します。
記事を表示

生命保険の給付金、契約者や受取人など「名義」で「税額」が異なる 相続、所得、贈与税……

ZUU online 4/20(木) 6:10配信

相続の際に、着目したいのが生命保険の活用である。不動産を渡せない相続人にも保険金という形で財産を残すことができ、かつ節税効果が期待できるからだ。

ただし、生命保険でも契約次第で税金の種類が異なるから実用は要注意すべきものである。生命保険の死亡給付金にかかる税金は「被保険者」「契約者」「受取人」の名義次第で、「相続税」「所得税」「贈与税」のいずれかとなり、支払う税額も変わるのである。

■保険料を負担しているのが誰か

記事を表示

不動産各社、シニア向け住宅事業を強化 認知症配慮の内装や新ブランド

SankeiBiz 4/27(木) 8:15配信

不動産会社の間で、シニア向け住宅事業を強化する動きが相次いでいる。東急不動産は、色使いを中心に認知症に優しい内装にしたサービス付き高齢者向け住宅「グランクレール世田谷中町」(東京都世田谷区)を9月に開業する。野村不動産は高齢者住宅の新ブランド「OUKAS(オウカス)」を導入。今後10年間で5000戸の供給を計画している。首都圏の新築マンション販売が苦戦を強いられている中、高齢者向け住宅は数少ない有望市場のようだ。

記事を表示

「相続トラブル」回避のため、今すぐすべきこととは?

PHP Online 衆知(THE21) 2/10(金) 19:50配信

相続は「自分は大丈夫」という人ほど危ない
親の死を連想させるからと、相続の話をできない人は多いはず。次の機会に……と、対策を後回しにしておくと、取り返しのつかない事態に陥ることも。相続に関するトラブルは、資産家だけの問題ではない。そこで、相続問題に詳しい弁護士の長谷川裕雅氏に、相続でモメる事例をうかがった。当てはまる人は、「いざそのとき」に困らないよう、日頃から考えておこう。

記事を表示